馬プラセンタに副作用はあるのか?

考える女性ここでは馬プラセンタを利用した化粧品や栄養補助食品は副作用があるのか検証していきます。
馬プラセンタ自身は非常に栄養価の高いものですが、他の動物の体内にあったものを摂取するのは、ちょっと不安に思う方もいるかもしれません。
ただ人間が摂取する際には、あらゆる処理を行っているので心配する必要はないでしょう。

馬プラセンタをそのまま摂取しているわけではない

馬の体温は38度程度で人間の体温と近くなっています。
それゆえ抗炎症作用も人間と近いものがあり、微生物や細菌を体内で繁殖しないようなメカニズムも兼ね備えています。

しかし、そのまま人間が摂取してしまうとプリオンのような感染症因子が侵入してしまう可能性も考えられます。
ウイルスを完全に抑制するには、どのような製造工程を経て商品が開発されているかがポイントです。


馬プラセンタは安全な工程を経て市場に届く

女医馬プラセンタはどの商品も必ず検品を行ってから流通されます。
よく行われる工程が「オートクレーブ」と呼ばれる加熱圧力釜を利用して高熱処理を行う方法。
高熱にさらされると、ほとんどの菌は死滅します。

また人工的に細菌を均一化するホモジナイズ、残留物をろ過し、余計な物質を除去する作業も行います。

馬プラセンタの成分はほとんどがアミノ酸です。

そこまで細菌処理をする必要もないのですが、念には念をかけて成分をチェックしているというのが実情でしょう。

最後に分析して安全性で問題がないと判断されたもののみ市場に出回っているので、副作用の心配をする必要はないです。





副作用として考えられるものとは

馬プラセンタ自身は非常に安全性が高いことがわかっています。
副作用として考えられるものがあるとすれば、添加物が入っていたり、過剰な塗布や服用がきっかけで副作用が起こってしまうこと。
  • 例えば商品を綺麗に見せるための着色料や酸化防止剤が多く入っているものはあまりお勧めできません。
  • 他にもいくら体に良いからといって、馬プラセンタを過剰に摂取してしまうと代謝や消化を行う肝臓に負担がかかる可能性もあります。
  • 適量を守って使うことが副作用を抑制する最大のポイントです。
医薬品としての扱いではないので、基本的に副作用を気にする必要はないでしょう。

以上、馬プラセンタの副作用について検証しました。
少なくとも日本で販売されている化粧品や健康補助食品の馬プラセンタはいくつかの工程を経て、安全性が確認されたものだけが販売されているので安心です。