馬プラセンタの原液はサプリよりも効果があるのか?

ここでは馬プラセンタを配合した原液とサプリメントについて比較検証していきます。
馬プラセンタを配合した原液とサプリメントは、それぞれどんな人に向いているのか調べました。
体質に合ったものを選択しましょう!

原液とサプリメントの違い

プラセンタ
馬プラセンタを活用した原液はそのまま市場に出回るのではなく、酵素分解、分離、ろ過などを経由し、充填されてから出荷されていきます。

一方、サプリメントタイプの方は原料を粉末状にしてから押し固め、それをタブレット型にして飲みやすくしています。

ともに原料の素材を出来るだけ壊さないように栄養価を維持しながらも商品として販売されています。
どちらの方が栄養価が高いというのは一概には言えません。
ただ熱に強く、外的要因から影響を受けにくいのはサプリメントタイプ。

粉末状にすることで栄養素の劣化を防ぎ、長期間保存が効くというメリットもあります。


どちらを使えばよいのか?

例えば、下記のような希望があれば原液タイプがお勧めです。

  • シワやシミを改善したい
  • 肌を白くしたい
  • 肌のたるみを改善したい
  • 血色を良くしたい

見た目の変化を期待するなら直接肌に塗布して使うのが効果的です。
一方、長期的に体調を改善していきたいなら、サプリメントがおすすめ!
サプリメントは肝臓で消化され、血液を通じて各気管にその成分が行き届きます。
体の一部位だけでなく全体に浸透するものなので、内服するほうが体質改善に役立つはずです。





アレルギー症状などが気になる人は外用から始めるべき!

稀なケースですが、プラセンタを体内に取りいれてしまうと感染症の可能性があるとされています。

医者プラセンタエキスの注射を受けた人は献血が禁止されているぐらいです。
血液内に滞留してしまうリスクがありますから、まずは美容液や乳液などを外用として使用してみましょう。

販売されているものから使用し、自分にとって副作用の兆候が出ないか確かめることが大切。

原液を使って問題なければサプリメントも併用して良いでしょう。
どちらか判断に迷っている人は皮膚の改善が目的なら原液、体調の回復が目的ならサプリメントを使用したいですね。

以上、馬プラセンタが含有されている原液とサプリメントについて比較しました。
肝臓の強化目的や血流促進作用を与えたいという希望があればサプリメントタイプのものを毎日摂取したいですね。