馬プラセンタ入りの化粧水・美容液・クリームはどれが良い?

ここでは馬プラセンタ入りの化粧水、美容液、クリームについて特徴を検証し、どれが良いのか紹介していきます。
人によって合う合わないがあるので、どれが一番と決め付けるよりも自分の肌質に合ったものを選ぶのが重要。
それぞれどんなメリットがあるのか見ていきましょう!

馬プラセンタ入り化粧水

化粧水を付ける女性

馬プラセンタ入りの化粧水といえば「母の滴化粧水」、「プラセンタファインモイストローション」、「ライジングプラセンタローション」などが有名ですね。
いずれも馬プラセンタが配合され刺激が少なく、肌になじみやすいのが特徴。
保湿力にすぐれていて、乾燥肌の人に向いています。化粧水タイプだとべたつきがなく、さらっと使えるのが魅力です。
化粧水タイプの馬プラセンタば肌のハリや潤いが衰えているなと感じる人に向いています。
表皮に存在するコラーゲンやエラスチンを修復し、肌がきめ細かくなってプルプルとした肌質になります。


馬プラセンタ入りの美容液

馬プラセンタ入りの美容液で有名なものと言えば「フラコラ」、「プラセラ原液」、「プラセンタファイン」などがあります。
美容液は単純に保湿力やかさつきが気になる人だけでなく、シワやたるみ、ニキビが気になる人にも効果が期待できます。
美容液タイプは馬プラセンタの含有量も多いと言われ、少量で真皮深くまで浸透します。
30代以降で肌の老化が気になる人は化粧水よりも、美容液を中心に使った方が肌の改善効果が期待できるはずです。たっぷり塗ってもべたつきがあるわけではないので、使いやすさもあります。





馬プラセンタ入り乳液

化粧品

馬プラセンタ入りの乳液といえばロゼべプラセンタがあります。
3つの化粧品の中で最も美白効果が期待でき、メラニンの生成を抑える効果があります。
紫外線が気になる方や日焼けが気になる方はこちらを使うと良いでしょう。
日焼けだけでなく、シミやソバカスができにくい肌質になるため、酸化しやすい40代や50代の方に特に人気があります。
普通の乳液とは違い、馬プラセンタが配合されていることによって角質層の水分量を調節し、程よい肌触りが実現できます。
乾燥した肌を長時間潤いのある状態にするには乳液タイプがおすすめです。

以上で馬プラセンタ入りの化粧水、美容液、クリームについて比較していきました。
普段から肌が乾燥しやすく、肌荒れなどが起きやすい人は美容液や乳液を使うと良いでしょう。